• No img 8b0606c047ccf544956a054e55ac960f8abdf6f220ba2f18833cac16cfd8a196 1

ヒメコレ 高級ソープへようこそ  波多野結衣

先月お休みの日家でのんびりしてたら 「トントン」とノック音 家は覗き窓がないので チェーンをしたまま開けると、作業着姿の年下っぽい男の子が立ってる 「何ですか?」と声だけで応答 「あの、この辺を浄水器の宣伝で回ってるんです。1分だけ時間を下さい」 と言われ、断った。 「綺麗になった事を確認してくれれば それでいいんです、早く仕事を終えて帰りたいので あと一人実験を見てもらったっていう事を残す為に、 嘘の住所でいいんで書いてもらえれば大丈夫ですから。」 それでも、怪しく思ってたので 「わかるけどねぇ」と言って渋ってたら じゃぁ「説明を聞いてくれるだけでいいので」 と言われ、「わかったじゃあきいてるからソコで話して」 と言ったら「そんなぁ、話って顔を見て話したいじゃないですかぁ。 俺の目をみて話を聞いて下さい」 というのでドアを開けたら、 私の顔を見た瞬間、彼は何故かツバを飲んだ その時気付けばよかったんだけど、 「私は話を聞いたら帰るだろう」 と一生懸命聞いた。 そして話が終わり、「じゃぁ気をつけて帰ってね」と言うと、 「実験まで見て下さいよぉ」と言うので 「イヤ」と断った。 すると「キスしてくれたらスグ帰ります」と言うので 実験を見ることにしました。 「実験のあと、名前も住所も嘘の書いてくれたらそれでいいんで」 と念を押され、「わかった」と答えた すると、「書類を用意し始め、何かテーブルみたいなのありませんか?」 というので、上がってすぐのテーブルへ通しました 「じゃぁ始めます。えっと、、、水はありますか?」 と言われるままに実験は進み、架空の住所を書いていたら、 「結婚してるんですか?」と聞いてきた 「ううん、彼はいるけどね。自分は?」と聞いたら 「俺ですか?居ます。でもあなたがスキです、キスしていいですか?」 ときいてくるので「ダメよ」と断ったらスネだした 書類も全て記入したのに 「キスして下さい。じゃ無いと帰れません」と いうのでキスしてあげようかと思ったけど、彼に悪いし 「何言ってんの、早く、立って」と言うと 「僕のはもうこんなに立ちました」と言うので 「何で立つわけ?」と聞いたら、「あなたが水を入れてる時 上から谷間が見えてて、おねぇさんの服を想像で脱がせてたら...」 というので 「やめてよー(笑)早く、同僚が下で待ってるんでしょ?」 と言いました。「はい、でも良いんです。ココにいたい」と 駄々っ子になってる彼を玄関まで引っ張って連れて行きました。 「わかりました、じゃぁほっぺにチュウだけして下さい」というので ほっぺにしようとしたら、瞬間彼が口を向けていて、 強く抱きしめられながらキスされた、、、 「何すんの」と突き放した手をにぎられて、凄い力で掴まれました 「いや、、、離して」と行っても引き寄せようとするので全身の力を使って 彼から離れようとして、玄関から部屋の中へ逃げようとしたけど、足を 掴まれて、、、振りほどきながら「さっきのスネた時と違う」と怖くて 泣きそうでした。 掴まれた足を彼は離そうとせず「イヤ、お願い、止めてよ」 というと、私の足を引き寄せうつぶせの私の上に乗ってきました 「ゴメン泣かないで」とVネックの上から 手を入れてきました。休日でブラをはめてなかった事を後悔しました 、私は抵抗しましたが、彼が強い力で抱いているので動けませんでした 彼が何度も胸を揉み続けるので 乳首が性感帯の私は崩れそうになりながらも、抵抗しました でも、彼は黒のVネックを脱がせて私の首にキスしながら 両手で両乳首をクリクリと優しくひねりだし、私は濡れてるのがわかりました 私は感じてたので脱力していました 彼は私の体を自分に引き寄せ左手で乳首をクリクリしながら 右手をスカートの入れ、ショーツのうえから濡れているかを確認するかのように なぞってきました。「感じてきたね、、、」と言って来ました 私は再び逃げようとしましたが、彼は力を抜く事なく、 私の両太ももを下から抱えるように広げ アソコのラインに沿ってなぞってきました クリトリスが大きくなっていたらしく 「ココ?」と言いながら刺激してきました。 私は感じていたけど黙っていました。 すると、彼の指はパンツの間から入ってきて 直接クリトリスをこすって来た 「ぁあん」と声にならないため息がでてしまったのです それを聞いて彼は興奮したらしく、一気にスカートのホックを外し パンツ一枚を抱きかかえ 玄関からベッド移動し 仰向けにされ、彼がゆっくり私のパンツを脱がせ ソコに顔をうずめて クンニしはじめました そして指を2本出し入れしてきました。 その度に刺激がはしり 「あん、、あん、、、」というと彼は ガマンできなくなったらしく 作業着を脱いで裸になり、 グッと入れてきました。 ゆっくり出し入れされ、「閉まってて気持ちイイよ」と言って 眉間に皺が入っていました 私は「もっと、、」って言っちゃって 彼はズンズン突いてきました。 私のアソコの中は彼のモノをギューっと掴んでいるのが 分かりました。 彼は私の上体を起こし 対面座位になりました 彼は私の乳首を舐めながら、腰を持ってグン、、、グン と突きました。私は感じながら「い、、っかいだけだよ、もうココ に来ちゃダメ、、、」と言うと、「イヤだ、、こんな体初めてだよ、、また 来たい、、」 と、私を襲うまでの甘えた彼になっていました 「だ、、って彼にバレた、、、ら、、」 というと「イヤだ、、、また、、会ってよ」 と、押し倒しガンガン突いてきました 「あん、、、あぁん、、、ん、、、」 彼とは味わった事のない刺激が、、、 彼も 「気、、持ち...イイよ、、な、、まえ、、教えて、、」 と再び緩めてじらす 「...ぁん...なま..え?、、、、教え、、ない」 というと、彼は動きを止め、「教えてくれるまで、入れてあげないよ」 というので「いゃん、、入れて、、、、」 と言うと、彼は先っぽだけ入れたまま、、乳首を舐めだした 「教えてくれるまでこのままだよ」というので、私は自分で 腰を動かし自力で彼のモノを体の中に入れた 彼は「エッチなんだね」と 再度突いてきた 「じゃぁ、、、一回でいいから、、また逢って、、」と言いながら. 私は彼に「どれくらい、、気持ち、、、イイ?」 と聞くと、「これくらい....」と言い私の足を彼の肩にかけた。 奥までズブッと何度も出し入れされ、、 「ん、、、あん、、、あん、、イ、、ク、、」 私は感じすぎて、涙が出てきた 彼もそれを見てか、さらに突いてきて、フィニッシュ。

10302171 705565306194548 813227780323098953 n
Double asian
  • 7
  • 1
  • 5475
  • 2年以上前

キーワード

コメント

関連動画