• 1 3365548 1

3Pファックで外人の二本の巨肉棒をアナルに突っ込まれ、たっぷり顔射されちゃう

帰宅中のサラリーマンや学生が街に溢れ始めた午後6時。  ある洋食居酒屋の一席に大学生の男女が6人集まっている。  男女3人ずつがそれぞれ向かい合って座り、宴会が開かれようとしていた。 「ねえ、不二子、今日のレベル高くない!?」  いつもより念入りに化粧をしている小林亜紗美は傍にいた叶不二子に小声で囁いた。 「うーん、そうだね…」 「何そのやる気なさそうな態度は!今日こそは頑張るんだから、あんたも盛り上げてよね」  明らかに面倒臭そうな様子の不二子に対して、亜紗美は服装、気持ち共にテンションが高かった。  これから恒例の合コンが行われるのだ。  企画者はもう一人の女友達、桜井有希である。この3人は、彼氏を見つける度に合コンを繰り返し行ってきた。某国立大学に通う、見た目は普通の女子大生。  しかし合コンの相手はただの大学生ではない。親が有名企業の社長だったり、俳優の息子だったり、お金持ちの学生ばかりを選んでいる。  何故そんな相手を見つけられるかというと、有希が大手テレビ局社長の娘であるため、特別な人物と知り合う機会があるというのだ。  有希は彼氏を見つけるのはさほど困っていないように思うが、亜紗美のために出会いの場を設定するのが楽しみなようだった。  彼氏のいない不二子は、人数合わせのために強制的に参加させられるのだ。  お金持ちの友人を持つと得するというか、面倒なことに巻き込まれるというか…。  それでも不二子は期待していないと言えば嘘になる。  幼い頃に両親が離婚し、母子家庭で育ってきた不二子は、働いて一生懸命貯金するなり玉の輿に乗るなりして、いつか母親に楽させてあげたいと考えていた。  無理して4年制大学まで行かせてくれたのだ。親孝行したいという気持ちは人一倍強かった。 「良かったら二次会どうですか?」  亜紗美がご機嫌な様子で男子達に尋ねる。 「いいね。俺達も行きたいって話してたから」  3人の中で一番爽やかそうな男がにこやかに返事する。  合コンで2次会まで行くのは久しぶりだ。ただお金持ちの息子でも、亜紗美の気に入った容姿や性格の者がいなければお開きになってしまう。 「あたし、長谷川君狙いだから、よろしく」  カラオケに行く途中で亜紗美が2人に宣言した。 「じゃああたしは本木君にしようかな」  いつもはあまり品定めしない有希までもがターゲットを絞っていた。 「不二子はマス君でいい?」 「いい?って、彼しか残ってないでしょうが…」  亜紗美の言葉に、不二子は軽く溜め息をつくと諦めたように笑った。  カラオケでは皆それぞれ自分の得意な歌を歌い、1次会以上に盛り上がりを見せた。亜紗美の目は少女マンガのようにキラキラ輝いて、長谷川 君を見つめていた。  不二子も時々歌いながらマスを観察していた。  マスタベオ、21歳。父親は有名なジュエリーブランド店を経営し、母親は国際弁護士であるという情報を有希から聞かされた。  マス自身も法学部に通っており、将来は弁護士を目指しているそうだ。  『玉の輿』の文字が頭に浮かぶ。華々しい経歴の両親を持ち、知性を備えた マスと付き合う事を想像し、目が眩みそうになって不二子は我に返った。  愛がないのに付き合うなんて、あたしは何を考えてるんだろ…。  やましい気持ちを打ち消すように、不二子はカルーアミルクのカクテルを一気に飲み干した。 「そろそろお開きにしようか?もう11時だし…」  3時間程歌ったところで有希が口を開いた。 「あっ、そうだね。終電なくなったら帰れなくなるし」  目が半分程しか開かないような状態でも、不二子は家に帰ることを考えて、平気なふりをした。 「ちょっと、大丈夫?目が据わってるよ」  そんな不二子を見て、有希が心配そうに声をかける。 「大丈夫だいじょーぶ」  明らかに大丈夫ではなさそうな様子に、有希が溜め息をついた。 「あたしが送っていくから帰ろう」  その時、亜紗美の目が怪しく光った。 「じゃあ、悪いけどあたしは長谷川君と帰るから…ごめんね」  他の人が歌っている最中に、二人は携帯のアドレスを交換していたようだ。そして亜紗美がトイレに行った後、すぐに長谷川も部屋を 出たため、こっそり打ち合わせしていたのかもしれない。 「いいよ、あたし、不二子の家の近くだから。気にしないで」  有希がにこやかに答える。  3人の中では一番世話好きでしっかりしている。しかも、容姿端麗であるため彼女は同じ大学の男子にも人気があった。  そんな中、少しがっかりした表情の人物がいた。  有希と親しく話していた本木である。彼もこの後、有希と二人で帰ろうと試みていたのに、邪魔者が入ってしまって悔しい思いをしていた。 「あー…俺、暇だし送っていくよ」  その時、救世主が現れた。  マスがアクビをしながら面倒臭そうに告げたのだった。  表情がぱっと明るくなった本木。亜紗美は口元をにやにやさせて成り行きを見守っていた。 「でも…」  心配そうな有希の心中を察して、マスは愛想良く振舞う。 「ちゃんと送り届けたら有希ちゃんに電話するから。番号教えてくれないかな?あ、念のために俺の番号も言っとかなきゃね」  そう言うと、マスは携帯を取り出して有希に番号を見せた。 「いいの…?」 「こんなに酔ってたら歩くのもしんどいだろう?迎え呼ぶから任せて」 「そう、なら安心ね。ごめんね、お手数かけて」  有希は一先ず安心すると、携帯を出してマスと番号の交換を始めた。  マスの家の運転手が来てくれるのなら、不二子をきちんと家まで送り届けてもらえるだろう。エッチ目的の軽そうな大学生相手だったらとてもじゃないけど任せられない。  その点では、女性に困ってなさそうなこの3人は安心だった。 「また皆で飲もうね」 「ああ、楽しかったよ。またな」  亜紗美と長谷川、有希と本木がそれぞれ横に並んで、仲良さそうに歩いている。  不二子とマスはカラオケ店のロビーの椅子に座って待っていた。 「一人で帰れるってば…」  不二子は今にも眠り込んでしまいそうな声でぼやいている。 「ほら、迎え来たから乗ってよ」  数分後、マスは不二子の手を取って外に連れ出した。道路の脇に一台の車が止まっていた。  誰が見ても高級な車と分かる、汚れ一つないピカピカに磨かれた有名な海外メーカーのものであった。  運転手が下りてくると後部座席のドアを開けた。 「さあ、乗って」  マスがぼーっと突っ立っている不二子を促す。  私、帰れるから…と言いかけていた不二子だが、車の内部を見ていると吸い込まれるように車内に足を踏み入れてしまった。  広い。座席もフカフカで高級なソファに座っているような感覚だった。 「有希ちゃんから聞いたけど、家は○○だよね?」 「はい…」  マスにアパートの場所を確認されて不二子が頷くと、車は静かに発進した。 (何て贅沢な車なの…)  不二子は夜の街並みを数分眺めていると、いつの間にか意識を失っていた。  1時間後、不二子はベッドの上で寝息を立てていた。部屋が明るいがそれも気にしていられない位眠かった。 「ちゃんと家に着いたからー…ちょっと本人に変わるね」 (誰?ああ、今日合コンで会った人か…)  不二子はマスの携帯を耳に当てられる。 「もしもしー?不二子、大丈夫?」 「あー…有希?」 「うん。あんた、ちゃんと家に帰った?」 「だいじょーぶだよー」  不二子は目を閉じたまま適当に答える。 「良かった。じゃあ、おやすみ~。マス君と頑張りなよ」  こっそり言ったつもりなのだろうが、しっかり聞き耳を立てていたマスには会話はばっちり聞こえていた。マスは声を出さずに苦笑しながら、有希と話して電話を切った。  不二子は再び夢の中に戻ろうとしていた。マスがベッドに入って来たのに気付いていなかった。  マスは不二子の寝顔をしばらく見つめていたが、突然男の顔になると不二子の唇にキスをした。 「・・・・・・」 「おい」 「・・・・・・」  マスが呼びかけても不二子は完全に意識がないのか、全く反応しない。 「おまえ…男がいる傍で無防備に寝やがって。襲われても知らねーぞ」  そう呟くとさらにキスを落とした。  不二子のあどけない寝顔を見ながら、感触を確かめるように何度も唇を啄ばんだ。 「ん…」  微かに不二子の唇が動いた。マスは動じずにそのまま続ける。むしろ不二子を起こそうとしているかのようにも見える。  唇の隙間から侵入し、マスのキスは深くなった。不二子の動かない舌に絡ませながら、口腔内のいたるところを舐めあげる。 「んん……」  時折、不二子の体がピクリと反応を見せる。 (誰かにキスされてるような気がする…誰なんだろう…)  丁度その時、不二子は唇に温かいものが触れるのを感じていた。酔っているせいで余計に体が火照り、気分が高揚してくる。  次第に体の芯が疼いてきた。 (どうしよう、気持ちいい…これはもしかしてマス……?)  不二子は、カラオケからの帰りの車の中での出来事を思い出していた。心地良い疲れと車の揺れによって眠気が襲ってきた。隣にいる マスのことなどお構いなしに、目を閉じてうとうとしていた。  信号待ちで停車している時、肩に何かが触れるのを感じた。 マスが不二子の肩に腕を回してしっかりと抱いていたのだった。  それに気付いた不二子はしばらく寝ているフリをした。  胸の奥が切なく痺れていた。久しく忘れていた恋心が蘇ったように鼓動が高まる。 (もっとして……) 「んんー……ふぅ…」  鼻を鳴らしてマスのキスに応えた。  ちゃんと好きかどうかは分からないが、今はこのキスが気持ち良すぎて蕩けてしまいそうだ。  足の間がムズムズしてくる。熱い液体が出てきそうになり、ぎゅっと太股を閉じた。 「あ……」  足を擦り合わせた時に中心が刺激され、感じてしまった。  奥手な不二子はシラフだったらこんな事できないだろう。  マスの舌に自分のものを不器用ながらも絡ませ、彼の背中をぎゅっと抱きしめた。  カーテンから朝日が差し込み、朝を告げていた。 (あー、よく寝たような気がするけどまだ眠い…)  携帯で時間を確認しようと目を開けた時だった。 「ん?」  自分が寝ているベッド、目に映る光景に違和感を感じた。 「え!?」  隣を見ると、なんと男が寝ていた。  不二子は驚いて飛び起きると部屋を見渡した。  暖色系の壁紙、幅の広い鏡台、ゴージャスなシャンデリア、どれも不二子の家にはないものばかり。これはもしかして… (ホテルに来ちゃった!?何で!?)  事のいきさつを思い出そうと、昨日の夜の記憶を手繰り寄せる。 (いつものように3人で合コンに行って珍しくカラオケに行ってその後は…?)  カラオケで楽しく歌っていたことは思い出せるのだが、その後の記憶が無い。どうやってここのホテルに来たのかも分からない。 そして寝ている男が誰なのかも…。  不二子はベッドからそっと降りると、男の顔を確認するために反対側へ移動した。  薄暗がりの中で寝顔をじっと眺める。 (マス……)  何とか名前は思い出すことが出来た。比較的整った顔をしており、睫毛が自分より長いかもしれない。 (でも何でこんな所にいるのよおーーーー)  この状況は漫画やドラマで見たことがある。泥酔して朝起きたら、ホテルにいて知らない男(女)が隣にいたという…。  他人のことなら笑い話で済むが、自分に起こると洒落にならない。  一夜を過ごしたということは、もしかしてそういう関係になってしまったのだろうか。  もしそうだとしたら、一刻も早くここから立ち去りたい。  大して酒に強くないのに、調子に乗って飲んでしまったことを、不二子は心の底から後悔した。  お手洗いを済ませ、洗面所で顔を洗い、簡単にメイクをした。 (服はちゃんと着てる……もしかしたら何もなかったのかも)  初めて会った男と寝るなど、奥手な自分なら有り得ないだろう。 (そうよ、きっと何もなかったんだ)  無理にでもそう思い込まないと立ち直れない気がした。 (でもこれからどうしよう…メモでも残して帰るべきかな)  生真面目な不二子はお礼を言った方がいいのかとか、ホテル代は割り勘なんだろうかとか、頭を悩ませていた。  その時入り口の扉が開き、バスローブ姿のマスが中へ入ってきた。不二子がいる方へゆっくり近づいてくる。 「なな、何ですか?」 「何って、トイレ…」  マスは怪訝そうな顔で不二子を一瞥すると、奥のトイレへ入って行った。 (あぁ…どうしよう!気まずいなぁ…)  不二子は部屋に戻るとソファに座って大人しくしていた。  マスが戻ってくると、妙に身構えてしまう。 「おい」 「はい!」  声をかけられただけで背中に緊張が走る。 「俺が着替えたら送っていくから、帰る準備しておいて」 「え?いいです!自分で帰れますから…もう酔いも冷めたし…」  また変な所に連れて行かれたらと、不二子は警戒した。 「おまえの友達にちゃんと送っていくように頼まれたんだ。だから何て言おうが送っていくからな」  そう言い放つと隣の部屋へ消えて行った。  5分後、びしっとスーツを着こなしたマスが現れた。 (何でスーツ…?昨日は違ったよね)  気になる不二子はマスをちらちら見てしまう。 「何かついてる?」 「いや、あの…何でスーツ着てるのかなーと思って」  マスの迫力に気圧されながら、不二子は恐る恐る尋ねた。 「昼に親父の知り合いと会食があるんだよ」  取るに足りないこととでも言うように、マスは淡々と述べた。 「へえ…」 (スーツ姿で会食だなんて、この人お坊ちゃんなのかしら…) 「さあ、行くぞ」 「は、はい」  マスの後に続いて部屋を出る。広い廊下を歩いて外が見えるエレベーターで1階まで降りた。  ロータリーに行くと昨日と同じように高級車がやってきて、マスと不二子は後部座席に乗り込んだ。やはり気まずい空気が流れる。そう感じているのは不二子だけかもしれない。マスは無表情のまま静かに座っている。  不二子より1歳年上だと聞いているが、年齢の割りにスーツがよく似合っている。同学年の男子にはない魅力を感じて、不二子はドキドキしてしまう。 「あの…昨日はありがとうございました。今日もわざわざ送ってもらってすみません…」 「別にいいよ。俺も帰るからついでだし」  マスは前を向いたまま返事をした。  彼の機嫌を確かめながら、不二子は本題に入ろうとする。 「何でホテルに泊まったんですか…?お金もかかるし、それに…」  ホテルなんて深い仲の男女が泊まるものであって、昨日会ったばかりなのに…何故?と尋ねたいが、それ以上は言う事が出来ない。 「どうせ、変な心配してんだろ?大丈夫だよ、何もなかったから」  不二子の心中を見透かしているようだ。 「そ、そうですか…」  ほっとしたのもつかの間。 「キスはいい感じだったけどな」 「は?」  マスの言った意味がよく分からなかった。 「だから、キスまではいい雰囲気だったけどな。あんた、まだ経験ないだろ?胸触ったらすごい抵抗してたもんな」 「む…!?何したんですか!?」  不二子はあまりにも驚いて目を丸くする。 「何って、そのまんま…キスして胸触りかけて終わり…。覚えてないの?」 「覚えてない…」  不二子はそう言ったものの、誰かとキスする夢を見ていたことを思い出した。妙にリアルで気持ち良くて…。 (あれは現実だったんだ!嫌だ、やだ、恥ずかしい…)  不二子は居たたまれなくなり、頬を赤らめて俯いた。 「てか、何で勝手に触ってるのよ…」 「ふん、泥酔して帰れなくなってたやつを泊めてやったんだ。お礼にそれ位いいだろう」

10302171 705565306194548 813227780323098953 n
Double asian
  • 12
  • 3
  • 3100
  • 2年以上前

キーワード

コメント

関連動画