• 1 2707469 1

男たちの性奴隷にされてしまった可愛いお姉さん

修学旅行のとき。 風呂の時間は決められてたんだけど、人がいっぱいいるのが嫌だったんで 一人で時間をずらして行くことにした。 一階の風呂場に続く狭い廊下で、ふと足元に布っ切れが落ちていた。 「何だ?」拾い上げてみると、うぉ!どう見ても女子のパンツじゃないか!? その時、後ろから人が来る気配がした。俺はとっさにパンツをジャージのポケットに 押し込んだ。 「ねぇ?」 その気配が話し掛けてきた。振り返ってみると、同じクラスの涼子だった。 涼子はどっちかっていうとかわいい子で、それなりに俺とも仲が良かった。 俺 「どーした?」 涼子「…うん。何か落ちてなかった?」 ははぁ~ん。このパンツは涼子のだな。 俺 「なな何もなかったよ。落し物??」 涼子「いや、いいの。ごめんね。」 そう言って涼子は来た方に帰っていった。めでたく涼子のパンツをゲットいたしました!! 俺は風呂に行くのをやめてそっこう便所にこもった。 「とと、とりあえず、抜くか?」 もうチンコはヴィンヴィンなので、とりあえず抜こうと思ってひとしきり匂いをかいだりした。 涼子のだって考えるとものすごい興奮した。匂いかいだり広げてみたり。何だ?何かたりないぞ? その頃、俺のマイブームは「変態仮面」だった。そのおかげで、 「そうだ!被ればいいじゃん!」という結論に至った。 ちょうど股間の部分を鼻のところに当ててっと… 「フォオオオオォォォォォッ!!!」 俺はチンコ丸出しで叫んだ。最高に興奮した。 とりあえず一発抜いて、さてどうしようかと冷静に考えた。 いまさら返すわけにもいかないし。俺の宝物だし。 便所を出て自分の部屋に帰ろうとしていると、涼子が階段のあたりをうろついていた。 俺 「まだ見つかんないの?」 涼子「あ、うん。」 俺 「一緒に探そうか?何落としたの?」 涼子「いやいや、いいよ!まじでいいから!!」 そりゃそうだろうな~。いくら探しても見つからないぜ~。 俺 「そうか。見つかるといいパンな。」 涼子「??」 俺 「じゃあ俺、部屋帰るパン。」 涼子「!!」 あからさまに牽制。俺はこんなに変態だったのか。 涼子「ちちょちょっと!」 俺 「何?」 涼子「…こっち来て。」 さすがに涼子も気づいたようで、人気の無い方へ連れて行かれた。 涼子「○○、知ってんの?」 俺 「知らんパン。」 ドスッッ!!涼子のパンチが脇腹に入った。 「うっ…」我慢の限界だったらしいデス。 涼子がこんなに暴力的だとは思わなかった。 涼子「拾ったの?持ってんの?」 俺 「ごめんよぁ~。ちょっとフザケタだけだよぉ。」 俺は泣きそうだった。こんなに怒ると思わなかったんだもん。 涼子も顔を真っ赤にして、泣きだしそうな感じだった。ていうか、泣き出した。 涼子「何で○○が拾うのぉ?嫌だぁ。」 さっきまで怒ってたのに。俺はなんだか優位に立った気がして、立ち直った! 俺 「だって、いきなり涼子が来るんだもん。あせっちゃって。」 涼子「○○だけには見られたくなかったのに…。」 だけ?これはもしや!?涼子は俺が好きなのか?? ドキドキドキドキ 俺は黙って涼子の次の言葉を待った。ポケットの中のパンツを握り締めて。 涼子「…○○に拾われたら何されるか分かんないじゃん!」 ウオオオオォォォォ!!そっちかぁぁ!! 俺 「ななな何言ってんの?なな何もする訳無いじゃん!」 涼子「…って言うか早く返してよ!」 俺はもそもそと涼子のパンツをポケットから出した。 涼子「何かしたでしょ?…怒らないから、さ?」 俺 「ごめん。ちょっと…しちゃった。」 別に言わなくてもいいのに。言わなくてもいいってば! 俺 「オカズにしちゃった。」 バシッッ!!!今度はほっぺただった。いたいいたい。 涼子「馬鹿!変態変態変態!!!」 怒らないって言ったじゃぁぁぁん。 涼子「もうこんなの履けないよ!!」 涼子は走って行っちゃった。 俺 「いらないんならくれよぉ~。」 俺は卒業まで変態呼ばわりされました。 えっちじゃなくってごめんなさい。以上パン。 ~後日談~ 事件の次の日。 このままではいかん!何とか涼子と和解(?)せねば!と思っていた。 一日観光を終え、夜ホテルに帰ってきてジュースを買おうと自販機コーナーに行った。 そこで偶然、涼子と鉢合わせた。 涼子「!!」 僕 「お、おおう。」 涼子「……。」 き、気まずい!どうしたものか!? 僕 「…あ、あのさ、昨日の事なんだけどさ…。」 涼子はうつむいたまま。ヤバイ!! 涼子「…ごめん。」 へ?ごめん??何で僕が謝られるのか?? 涼子「…昨日さ、つい手が出ちゃったけど…」 涼子「冷静に考えたら○○の冗談だったんだよね…。」 涼子「○○がオカズとか言うから…。」 ここ、これはいい流れだ!!買いかぶってるよ涼子!! 僕 「いや!俺が悪いんだよ…。ちょっとフザケ過ぎた…。ごめん。」 この流れに乗ろう!そうすれば僕は社会復帰できる!! 涼子「…ううん。拾ってくれたのにごめんね。」 涼子「落としたの恥ずかしくって誰にも言えなかったから…。」 僕 「悪いのは俺だもん。最初の一発はしょうが無いけどね。(笑)」 涼子「うん(笑)よかった。気になって今日一日楽しくなかったもん。」 ヤッタ!!やったよ!何とかごまかせた!! 俺 「あ、ジュース買ってやるよ。オレンジジュースがいいよな?」 涼子「いや。烏龍茶。」 コノヤロウ。 僕 「あのパンツ履くときは俺を思い出せよ!」 涼子「もう。馬鹿!」 また軽く殴られた。涼子はやっぱり暴力的だ。 こうして僕は「変態」ではなく「変態キャラ」におさまった。 いや、まじでよかった!かぶったのとかバレたらシャレにならん!!! こんな感じで、涼子とはその後も仲良くしていた。 時は経って、冬。 友人宅での鍋パーティーが企画された。 8人くらい集まってた。男女半々くらいで。 その中にはもちろんカップルもいたが、僕は一人身だった。 涼子、里子、いっつも出てくる僕の友達も参加していた。 一同「かんぱ~い!」 僕は酒が弱いのでちょっと飲んだだけでほろ酔い気分だった。 もう卒業が近いこともあって思い出話に花が咲いた。 友達「あ、修学旅行。覚えてる?」 里子「うん!楽しかったよね~!」 あ~ちょっと酔っ払って気持ちいぃ。ふわぁぁ。 何!?修学旅行??修学旅行の話かね?ほう! 僕 「修学旅行か!修学旅行といえば、なぁ涼子!あれだ!涼子がパン…」 ガッッ!!コタツの中で思いっきり足を蹴られた。イッタァー!! 涼子は誰にも言ってなかったのに、酔いに任せてつい口走りそうだった。 涼子「それよりさぁ~…」 涼子は僕を睨みながら話題をそらした。 僕はもうふわふわして正常な判断力を失っておりました。 一通り鍋も終わって、それぞれにまったりし始めていた。 コタツには僕、僕の正面に涼子、右に里子、左に友達。 しもネタなんかを散りばめながら、うだうだ言っていた。 あぁぁぁ、もーだめだ。眠い。酔ってるよ。 僕 「眠い!寝る。あとヨロシク!」 僕の後ろは壁だったので、里子側に頭を倒した。 で、何気なく頭をコタツにもぐり込ませてみた。 うおおおぉぉ!!!涼子!!!パンツ丸見えじゃん!! 膝立てて座ってるから丸見えじゃん!!! ききき、気づかれないよな?よし!しばらく見てよう!! 僕 「…」「…」「…うお!」 りょ、涼子!もじもじするな!!が、我慢できんじゃないか!! しばらく見ていたら、酔いとコタツの熱でボーっとしてきた。 あぁ~!我慢できん!!独り占めするのはもったいない!!! もうおかしくなってました。 僕 「おい!大変だ!!」 僕はコタツに頭を突っ込んだまま叫んだ! 友達「うわ!何だ寝てねーのかよ!」 僕 「お前も、もぐれ!涼子のパンツが丸見えなんだよ!!涼子のパン…」 ドカッ!!強烈に蹴られました。顔を。いたいいたい僕痛い!! 涼子「馬鹿!!」当時、高校生だった私は、もう彼女とのセックスにも飽きていて、いかにして他の女の子とセックスをするかということに、日夜、試行錯誤している、健康的な男子高校生でした。(笑) 何度か、ナンパした女の子と、いい雰囲気にもっていきましたが、いつも最後の一線で「ダメっ!」っと拒否され、モンモンとすることがしばらくつづきました。 (くっそー、いいかげんヤりてーよー) なんてヤケになっている私を見かねて、友人のK男が 「おまえは女といえばセックスの対象なのか?。世の中にはいろいろな女がたくさんいるのだからすこしは視野を広げてみろ」 ってなことを言って、気分転換にと、近所にある女子大の文化祭に、K男と二人でいくことになりました。 さて当日、女子大の門をくぐると、すごい人、人、人。 しばらくK男と二人でブラブラ歩いていると、突然、3人のテニスウエアの女の人達が私達の前に歩み寄ってきて、チラシを渡しました。 「テニスサークルですけど、3時からゲームみたいなことをしますので、遊びにきてくださいね。」 「よろしくお願いしまーす。」 「絶対きてくださいねー。」 矢継ぎ早にそういうと、3人は去っていきました。 チラシをみると地図が書いてあり、「3時にきてね。」とかなんとか書いてありました。 私とK男は顔を見合わせ、どうせヒマなんだからいってみるか、ということにしました。 ・・・・3時になり、地図についている印のところにいってみると、そこは文化祭の会場からはちょっと離れた場所で、校舎の裏手のほうでした。 あたりには人気がなく、文化祭という雰囲気からは程遠いところで、ほんとにここか?まちがったかな?などとK男と話していました。 地図の印のところには、小さめのプレバブの建物がありますが、一つあるドアは閉まっており、窓はカーテンで締め切られていて、誰もいないような感じです。 ただ、ドアに「テニスサークル」と書かれていたので、多分ここだろうとドアをノックしてみました。 「はーい」誰もいないと思った部屋から、女の人の返事があり、鍵を外す音の後、ドアが開きました。 「あ、来てくれたんですね。どうぞ、どうぞ。」 さっきの3人の内の一人が顔をだし、私とK男は部屋の中へ案内されました。 中に入ると、テニスウエア姿の女の子が6人ほどいて、男はまだ私達だけしか来ていないようでした。 あたりさわりのないあいさつの後、みんないすに座って、女の子たちの太腿やスコートの裾あたりを気にしつつ、その子たちと話しをしてました。 しばらく話しこんだあと、「じゃあ、これに着替えてもらえます?」と、ジャージを手渡され、となりの道具室と思われる、狭い部屋に案内されました。 K男とジャージに着替えながら、 「なんだ、ゲームってテニスをするんだな。」 「俺、テニス初めてだよ。」 「いいじゃんいいじゃん。」 などと、楽天的な思いで着替え終わりました。 さっきの部屋に戻ると、女の子の一人が説明をはじめました。 「じゃあ、そろったようなので、ルールを説明します。」(ん?そろった?、じゃあ、男は俺達だけか・・・ラッキー!) 「このゲームは、声を出すと負けで、負けた人はこの部屋に戻ってください。」(ん?声を出すと負け?へんなテニスだな) 「反則は4つ。一つは、服は汚さないこと。」(ふむふむ) 「一つは、口は使わないこと。」(ん?) 「一つは下着をずらしたり、はずさないこと。」(んん?) 「もう一つは、下着に手を入れないこと。」 「反則は絶対にしないようにしてください。」(?????) 「では、はじめましょう。」 そういうと、女の子達は私とK男といっしょに、さっき着替えた狭い部屋へ移動しました。 広さ2畳くらいの部屋に8人が入り、ドアが閉められました。 私の周りには3人の女の子がテニスウエアで密着してきました。 この状況に、わが愚息は、もうビンビンの状態でした。 薄手のジャージに着替えているので、前で向かい合わせに密着している女の子に押し当てる格好になっています。 とたんに私の股間に手が這い回り始めました。 前、右、左の女の子が一斉に、私の尻を撫で回わしたり、ジャージの上から愚息を擦ってきます。 私は、うれしいやら、慌てるやら、の複雑なパニックになりながら、K男を見ました。 K男は、私にはきづかぬ様子で、もう下のほうで手を動かしているような感じでした。 もう、こうなったら、楽しんじゃえ。 どうにでもなれ。 前の女の子のスコートの中へ右手を伸ばし、指の腹をアソコに押し付けました。 女の子はビクッと身体を後ろにのけぞらし、腰を引いて逃げようとしましたが、狭くてうまく逃げられないみたいです。 ゆっくりと指の腹でアソコをなぞります。 同時に、左側の女の子を後ろに向かせ、左手をうしろから胸にまわして、シャツの上から揉みほぐします。 右側の女の子は、わが愚息を擦ってきます。 そんなこんなでいろいろ体制を変えながら、責めたり責められたりのゲームが始まりました。 一人の女のコに集中して、胸を両手で揉みながら、尻の間に愚息をこすりつけたり・・両手で別々の女のコのアソコに指をはわしたり・・・・みんなアンダースコートをつけていないみたいで、薄いパンティーをとおして、みんなしっとり濡らしているのがわかります。 女の子達は「はあはあ・・」と荒くなりそうな息を我慢しているようでした。 私はというと、こんな状況のなかで愚息を上下に刺激され、もうすでにイってしまっていました。 パンツの中で放出してしまったので、ちょっと気になっていましたが、入れ替わり立ち代りに愚息を刺激され、小さくなっている暇がないほどでした。 ・・・・・・・ しばらくこんな状況が続くと、女の子たちは次第に大胆になり、私のジャージのジッパーをおそるおそる下ろしたかと思うと、パンツの窓から手を入れ、直接擦ってきたりしています。 もう、私は興奮しまくり、だんだんルールなど頭から吹き飛んでいました。 耳に息を吐きかけ、舌を這わせたり・・・・ブラジャーのホックをはずして、乳首を弄んだり・・パンティーの中に手を入れ、クリを転がしたり・・・ 「あ・・ああっ・・」「はぁ・・あぁ・・・」「んぁ・・ん・・・」もう、狭い部屋には、喘ぎ声が響き渡っていました。 K男に後ろから抱き付かれている子は、もうシャツがまくりあがり、ブラジャーが外されていて、丸見えの乳首を責められています。 下のほうもパンティが太腿まで下がっており、スコートの中に手を入れられています・・・・・ ここまでくると、フラフラになりながら部屋をでていく女のコが何人かいて、この部屋に残っているのは、私とK男、そして女の子二人だけになっていました。 この二人もペタリと座り込んでしまっていて、動けないようでした。 このときK男と目が合い、お互いに小さくうなずきあいました。 ここまできたら、いくしかない!そんな暗黙のうなずきあいでした。 K男は、この二人の女のコをあお向けに寝かせ、パンティを外し、上にのっかりました。 すぐに、「はああっ!」っと、ひときわ大きな喘ぎ声が聞こえました。 K男が挿入したようです。 私も一人を立たせて、壁に手をつかせ、スカートを捲り上げ、パンティを下ろしました女の子はもうなすがままという感じ。 指でアソコをなぞると、もう油を流したように濡れていました。 一気に奥まで挿入。 前後運動のたびに、喘ぎ声が部屋中に響き渡っていました。 ・・・・・・・・・・・・ ことが終わると、二人の女の子はぐったりと床に伏せってしまいました。 その後、私とK男は、隣の部屋にいき、座り込んだ女の子達を、一人一人犯し続けたことはいうまでもありません。 みんな、無抵抗に足を広げて受け入れてくれました。 6人の女の子たちと次々にいい思いができたのも、あのころはまだ若さがあったからだろうな~。 今となっては、こんな元気はもうないかも?(笑)K男に感謝しつつ、ぐったりとした女の子たちを後にして、帰ったのは、日もとっぷりと暮れた後のことでした・・・・・・・・・ その後、その女子大のテニスサークルの練習を何度か見にいきました。 いますいます。あのときの6人が。 眼が会うと、必ず近寄ってきてくれて、「今日OK?」とか「今日は気分じゃない」とか言ってきてくれて、その子たちが卒業するまで、すっかりセックスフレンドになっていました。 今思えば、僕は涼子のこと好きだったのかも。 そんな思い出です。

10302171 705565306194548 813227780323098953 n
Double asian
  • 34
  • 4
  • 13788
  • 2年以上前

キーワード

コメント

関連動画