• No img 8b0606c047ccf544956a054e55ac960f8abdf6f220ba2f18833cac16cfd8a196 1

ファンの前でセックスを披露してファンたちに顔射ブッカケを喰らう

私は、スカートをはいてることが多くて、しかもミニの時が多いんです。 この前、学校の帰りに本屋さんで立ち読みをしていたら、足元に何か視線を感じたんです。 けど、ただカバンが置いてあるだけでした。 私はまた本を読みはじめたんですが、また視線を感じたので、足元をもう一回見ました。 やっぱりカバンがあるだけなんですが、よく見るとビデオカメラが隠してあったんです。 立ち読みしていた15分の間、ずっとスカートの中を撮られていたのかと思うと、恥ずかしくて、しばらく動くことができませんでした。 顔が熱くなってきちゃって、頭の中は混乱状態。 「どんなパンツはいてたかな」とか「汚れたりしてないかな」とか、そんなことばかり思い浮かんできました。 そしたら、だんだんと、あそこが熱くなってきてしまったんです。 「こんな時に濡れちゃったらだめだよぉ」と思ったんですが、どんどん湿ってきてしまうのがわかりました。 おまけに、「こんなとこまで撮られている」と思うと、余計に、、、パンツに染みていくほど濡れちゃったので、本屋さんのトイレに駆け込みました。 パンツを脱いでみると、ふとももに垂れてくるくらい濡れていました。 そして、一番感じるところを指で少しだけ触ってみました、背中に電気が走ったような感じで、思わず軽く声が出てしまいました。 スカートの中を撮影された恥ずかしさ、トイレの中なので声を出せない切なさが重なって、もう指を止めることはできませんでした。 1時間くらいトイレの中で、ひとりエッチをし続けて、何回もイッてしまいました。 本屋さんのトイレで何回も気持ちよくなってから、本屋さんを出ると、ビデオカメラが隠してあったカバンを持った男の人が立っていたんです。 私は知らないふりをして、自分のマンションのほうに歩いていきました。 すると、その男もついてくるんです。 しかも私のすぐ1mくらい後ろに。 カバンからは、まだビデオカメラのレンズが私のスカートの中を、斜め下から覗いています。 さっきの気持ちよさがまだ残っていて、パンツは染みができるほど濡れちゃってる。 写されたくない。 私は、人通りの少ない通りに出ると、その男に言いました。 「なんでそんなことするんですか? 下からビデオで撮影するなんて、卑怯でいやらしいです!」って。 そしたら、その男は、カバンの中からビデオカメラを取りだし、別のビデオテープをセットして、ビデオの液晶モニタを私に見せました。 そのモニタを見た私は、頭の中が真っ白になり、足がガクガクして座り込んでしまいました。 私が本屋さんのトイレで、何回もひとりエッチしているところを、となりの個室から壁越しに、上から撮影されていたのです。 「どっちがいやらしいことしてるんだ?」と男に言われても、なにも言い返せませんでした。 そこからはもう、お決まりのパターンです。 「おまえのオナニービデオを返して欲しければ、言うとおりにしろ」と言われ、近くの公園のトイレに連れ込まれました。 そこでわたしは、その男のあそこをしゃぶらされ、飲まされました。 そのあとすぐに、今度はホテルに連れ込まれ、色々なことをされました。 ひとりエッチをさせられたり、浣腸されたり、当然犯されもしました。 お尻も犯されました。 そして、その様子もビデオに撮られていたんです。 本屋さんでのひとりエッチビデオは返してくれましたが、ホテルでの出来事のビデオは返してくれませんでした。 俺がまだリア工の頃、春休みに北海道へフラーリと一人旅に出かけたのよ。 とにかくカネが無い頃だから、メシは3食カップヌードル、ホテル代わり に夜行列車で移動、フロは電話帳で銭湯とか、温泉の共同浴場を探して済 ますというビンボー旅行。 んで、あるとき某急行列車に乗ったのよ。指定券を見ながら俺の席はどこ だと探していたら、女子大生ぐらいのおねぇさまが座っていた隣の席。 心の中で「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ッ!」と叫びつつ、とりあえ ず平静を装って着席。 まあ、黙ったままなのも何なので「どこに行くんですか?」みたいな話から 会話を始めて、そこそこ盛り上がったわけよ。 俺は東京から来ました。私は実家から札幌に戻るという大学生ですみたいに。 で、問題なのはこのおねぇさま胸が割と大きくて、狭い2人掛けシートだと ヒジとか当たるのね、だけど不可抗力だから向こうもあまり気にしない。 当時まだ童貞だった俺はそれだけでドキドキ。 で、とりあえずはそれでとりあえずは寝たんだけど、深夜にふと目が覚めた。 隣のおねぇさまは寝ている。ここで童貞的浅はかな考えが急浮上。 服の上からおねぇさまの胸の感触を楽しんだわけ。 なにせ当時は童貞なので(藁)、女の胸ってこんなに柔らかいんだーと感動。 目を覚まさないから調子に乗っていたら。 突然、おねぇさまがガシっと俺の手をつかんだ。 おねぇさまは俺の顔をジーッと見ながら「ちょっと来なさい」と低い声。 俺の手をつかんだまま、通路をデッキに向かって歩き始める。 俺はもう (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 車掌に突き出されるのか、警察呼ばれるのか。 とにかくそんなことが頭の中を走馬灯のように走り抜けていると、おねぇさ まはトイレのドアを開け、無言で入るように促した。 おねぇさまもトイレに入り、狭い個室で向き合う形に。 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしていた俺の手をつかんだまま、なんとおねぇさ まはその手を自分のスカートの中に。 「声を出さないようにしていたらこんなになっちゃった。責任とってよ」と。 さっきまでの低い声が嘘のような甘ったるい声。 「もう、動けないのをいいことに触りまくるんだもん。この悪ガキ」とか言い ながら股間の上に手を置かせるんだが、女が濡れるなんて知らない頃だし(藁) 童貞なのでどうしていいかわからない。 仕方なく正直に「まだシタことないので・・・」と言ったら、おねぇさま感動。 「じゃあどうすれば女の子が気持ちよくなるか教えてあげる」と。 初めて触るマ○コのヌルヌル感にびびりつつ、おねぇさまの命令どおりに攻め。 胸を触ったりするだけで、イッちゃいそうになるのを何とかガマンして。 ガマンしていたけど、最後はおねぇさまの手の中で。 何とか入れさせようとおねぇさまは努力したけど、あまり狭くて無理。 とりあえずそれで終わりにして座席に戻ったけど、2人とも不完全燃焼。 そうこうしているうちに列車は札幌に到着。 網棚から荷物を下ろそうとしたら、おねぇさまはまた俺の手をつかみ 「ねぇ、眠くない? 私のアパート、一緒にいこうよ」と、そのまま拉致。 童貞、あっさりと奪われました。 結局、あとのスケジュールを全部潰して、春休み中サルに。 テクもしっかりと仕込まれ。 その後、北海道に行くたび、テク向上確認試験してもらていますた。

10302171 705565306194548 813227780323098953 n
Double asian
  • 22
  • 5
  • 6852
  • 2年以上前

キーワード

コメント

関連動画