• No img 8b0606c047ccf544956a054e55ac960f8abdf6f220ba2f18833cac16cfd8a196 1

真面目そうに見えるが本当はエッチが大好きな速見琴子 

私の彼は年下。だからと言ってお子ちゃまだとかは無くて、何処の男性とも変わらない、雄。 普段から一緒にお風呂は入ってるからもう慣れた。マスタベオは今日もいつもの如く一緒に入ろうと言ってきた。 「ね、一緒にはいろ?」 マスタベオは私の腰に手を回して言ってくる。私はその手の甲思い切りつねった。 「いたっ!痛いから!」 「エッチしないならいいよ?」 「分かったしないしない!」 マスタベオが手を放すと、私は安心してしまう。にっこり笑って体から離れる。 「それじゃ準備してくるね」 自分の部屋に着替えを取りに行く。その時マスタベオがニヤニヤしてたなんて知る由も無かった。 「ふー…」 「気持ちいいね。琴子、熱くない?」 「丁度いいー…」 二人で大きな湯船に浸かり、まったりした時間を過ごした。私はマスタベオに体を預けて、マスタベオは私のわき腹に手を回して、抱きしめてくれている。 「ね、今日は体洗いっこしない?」 そう行き成り提案したのはマスタベオだった。私は何の躊躇もなしに頷いてしまう。 「いいよ?どっちから洗う?」 「それじゃ、先に洗ってくれる?」 マスタベオが湯船から出て、タオルを渡してくれる。つられて私も湯船から出ると、貰ったタオルにボディーソープをたっぷりつけて、早速大きい背中をゴシゴシを洗ってあげる。 「あーいいわ、これ」 「そう?」 「これで琴子が身体使って洗ってくれたら最高なんだけどねー」 「馬鹿!」 丸出しの背中をベシッと叩くと、マスタベオは痛そうに背中をさすった。 「いってー…」 「ほんとはそんなに痛くないくせに…」 「ばれた?」 二カッと笑う笑顔から、後光が差してるように見えた。この笑顔に弱いのよね…。 「あ、前は自分で洗うから」 「あ……いいの?」 「だって俺のブツとか洗いたくないっしょ?」 「…お馬鹿…それじゃ、後は宜しくね?」 泡の着いたタオルをマスタベオに渡す。それを受け取るとマスタベオは脚から、局部まで洗い終えた。シャワーで洗い流すと、私の方を向いて明るい声で言う。 「次は俺が洗ってあげるね!」 椅子に座って、マスタベオに背を向ける。準備万端、そう思っていると。 「あ!」 いきなりマスタベオが大きな声で叫んだ。 「ちょっと、吃驚するじゃない!何したの?」 「あのさ、凄い良い匂いの石鹸貰ったんだけど、使ってみない?」 「ほんと?使う!」 何も疑わずに笑うと、反対にマスタベオはニンマリと笑った。 「……じゃ、取ってくるから待っててね」 マスタベオは浴室から出て行ってしまった。どんな匂いなんだろうなー…とか想像するだけでウキウキしてしまう。 何分かして、やっとマスタベオが浴室に戻ってくる。 「遅いよっ!何してたの?」 「あ、ちょっと探しちゃってさ。さ、前向いて?」 私はドキドキしながらマスタベオが洗ってくれるのを待った。 安心したのがいけなかったのかもしれない。何時まで経っても背中を洗う様子が無いマスタベオを見ようと、振り向こうとしたら…。次の瞬間に目を何か黒い物が覆った。 「やっ…何!?」 「お前さー、もうちょっと疑うって事知ったら?」 「マスタベオ…なにしてるの!?」 「ん?目隠し」 悪気が無いように言うマスタベオの声を頼りに後ろを向けば、そのまま押し倒されてしまった。思い切り背中を打つ。 「ひゃっ…冷たい!しかも痛いし!」 「ちょっと我慢しててね」 「な、んで…!?」 「………、自分で考えろよ…」 ビクリとした。あの優しい声、じゃない。どす黒くて、エッチの時の、あの怖いマスタベオの声。 「やっ!何もしてないよ…!」 「嘘吐き。それじゃ、俺の言うなりになるしかないよね」 きっと彼は笑っている。それは見えない目でも分かってしまう。 ブチュ、っと音がする。 「な、何?」 「え?シェービングクリームだけど?」 そこまで聞いて、この体制…私ははっとなった。拘束されていない手で、頑張ってマスタベオの胸板を叩く。 「やっ、マスタベオ駄目!!」 「気付いた?でももう遅いよ?」 ガバッと足を開かされて、秘部が冷たい感覚に襲われる。シェービングクリームが、私のあそこを覆う。 「あっ……」 「ね…、怪我したくなかったら動かないでね?」 その言葉を聞いて、私の身体は固まる。クリームが肌に馴染んだ頃、ショリショリと音が響く。それと同時にマスタベオの手によって私の下の毛が剃られていった。 ひたすら剃る音だけが響く。時たまマスタベオが実況中継のように、楽しげに言う位で。 「分かるー?もうほとんど無い状態」 「やっ、恥かしい…」 「もっと恥かしい事してるじゃん。いっつもさ。あれ、それじゃセックスは恥ずかしく無いって事?」 「ちがっ…う、よぉ…」 口が止まっても手が止まる事は無くて。正面からあそこの周りまで、全て丁寧にT字剃刀撫でる。そして… 「はい、出来たっ」 「やだぁ…」 「んじゃお湯かけるよー」 マスタベオがシャワーのお湯をかける。まだ目隠しをされていて見えないけれど、マスタベオからすれば丸見えなのだろう。 「はーい、今度は自分で見てみ?」 「あっ…」 目隠しを外されて、浴室の鏡の方を向かされる。そこには子供のように、ツルツルになった下半身が映し出されていた。 「いや…本当に恥かしい…」 マスタベオの方を向こうとした瞬間、壁に手を着かされてしまう。 「ね、もう我慢できないん…犯してやりてぇ…」 「えっ…駄目、ここじゃ…」 「無理」 簡単に否定されてしまい、今まで目隠しをしていた黒い布で両腕も一括りにされて頭上へと拘束されてしまった。 右手が私のあそこへと伸びて、穴に指が入れられる。ぬぷん、っといとも簡単に入ってくる威圧に、我慢出来ずに声を出してしまった。 「ああぁ…」 「何もしてないのに濡れてる。もしかして剃られてる時感じた?」 「ひうぅ…やだっ…」 「やだじゃないでしょ。…さてと、こんだけぐちょぐちょだったら入れても問題ないよね」 マスタベオは自分のモノを秘部に擦り付けてくる。そして自分のモノで再び確認していた。 「…うん、これだけ濡れてれば大丈夫でしょ」 「や、まだだめっ」 「もう…うるさいなぁ」 そう言うとマスタベオがジュプリと音を立てて先っぽを埋めてくる。 「ふあぁっ…」 「あーあ。毛が無いから俺の入ってるの丸見えだよ?見てみ」 両腕を拘束していた布を外され、解放される。次に無理やり顎を掴まれて下を見させられる。そこには……私の中に侵入するマスタベオのモノがあった。 「あ…んっ」 「見てるだけで感じる?」 「やっ、ちがっ…」 「また嘘吐いて…ほんとは俺のち○こ入ってるの見るだけで愛液垂らしちゃう淫乱だもんね、琴子は…」 視覚と聴覚を犯されて、普通でいられる訳が無い。私は諦めて、されるがままになる。 ぬぷぷ…っと厭らしい音を立てながら、更に奥まで進入してくるマスタベオの大きなモノ。 「あっ、ああっ…!」 「幼女みたいなお○んこしてんのにさっ…くっ、エッチだなぁ…琴子のお○んこは…」 「い、言わな、いでぇ…!」 「でも興奮してる癖に」 腰を掻き抱かれて、立ちバックのままピストンが開始されて。 「ああんっ!んあっ、やぁっ!」 「っ…は、何回見ても厭らしいなぁ…」 マスタベオはそう言いながら、後ろから私のあそこを見つめているのだろう。言葉だけでそれは安易に想像出来た。 段々激しくなっていくマスタベオの動き。私も絶頂が近づく。それを認知しているのか、マスタベオは私の胸も触りだした。 「あっ!りょ、ほうはっ…!」 「イく?」 「あ、あっ、マスタベオ…も、だめ…イくっ、イくうっ!」 「それじゃ、スパートかけるよ」 乳首を摘まれ、もっと早くなる腰の動きに、私の身体は敏感に反応してしまう。 「ああっ、んっ、マスタベオ、ひやぁ!!」 「…う、あっ…」 きゅっ…っと、中が収縮するのが自分でも分かるくらい、イってしまっていた。マスタベオも私の中に精液を吐き出して、背中に寄りかかってくる。 情事後後再び湯船に浸かる。その間、お互い何も喋らなかったのだけれど…。 「……誰?」 「えっ?」 行き成りマスタベオが話し出す。その顔は、少し泣きそうで。 「…琴子、昨日さ。…ファミレスで知らない男の人と仲良さそうに話してたよね…?」 「ファミレス…?あ、うん」 「あの男、琴子の新しい彼氏!?」 がばっと肩を掴まれて、真正面でマスタベオは叫んだ。そんなマスタベオとは裏腹に、私はため息を吐く。 「……あれ、上司…」 「……えっ?」 「上司とファミレスで相談してたの!全然好きとかなじゃいし、寧ろあいつは嫌い!」 「えっ、え…それじゃ、俺が悪い?」 「そーよ!勘違いしちゃって………!、そういえばマスタベオ、どうしてくれるの!?」 私はお湯の中で、ツルッとしたあそこを触る。もう毛の一本も無いあそこ。マスタベオを睨んで訴えると、ケロリとした答えが返ってくる。 「え?いいじゃん可愛いし」 「そういう問題じゃなくて!」 「でも興奮したんでしょ?」 「…っ、もう知らない!」 ぷいっと横を向くと、今度はマスタベオの手が私の何も無い下部を撫でる。 「ちょっ…」 「あと何週間はこのままにしててね!萌えるからさ…」 ニヤッとマスタベオの顔が歪んだ。

10302171 705565306194548 813227780323098953 n
Double asian
  • 16
  • 3
  • 12484
  • 2年以上前

キーワード

コメント

関連動画