• No img 8b0606c047ccf544956a054e55ac960f8abdf6f220ba2f18833cac16cfd8a196 1

THEワレメ PINKブルマで淫乱モード

「お兄ちゃん、入っていい?」  呼びかける声がし、私の返事を待たずに、妹が風呂の扉を開けて入ってきた。バスタオルを胸にまいただけの全裸姿だった。 「…おっ、おい」  慌てる私にかまわず、「ね、一緒に入ろ。…洗ったげる」と言うと、シャワーを取って私の後ろから背中に熱い湯をかけ始めた。  私たち兄妹は、ラブホテルの中にいた。 それぞれ家庭を持ち、お互いに郷里を離れて暮らしていた私たちが会うのは3年振りであった。 私たちの実家はもう取り壊されて跡形も無いが、近くに住んでいた叔母が亡くなり、その通夜に参列したのだ。 隣に座った妹がそっとささやいた。 「お兄ちゃん、今日はどうするの?…帰る?」 「いや、決めていない。どちらでもいいんだ」 さすがに翌日の告別式までいるつもりはないが、急いで帰らなくてはならない理由も無かった私はあいまいに答えた。 「ふ~ん、そうなの…」 妹は何かを考えるような風情でつぶやいた。 葬儀は滞りなく終わり、叔母の家族に挨拶を終えて帰ろうしているところに、妹が追いついてきた。 「お兄ちゃん、私、車なの。近くのホテルまで送ってあげる」 妹は私の腕を取りながら言った。私はその言葉で一泊してから帰ることに決めた。 「そうか、それはありがたいな」 車に乗ってから私は妹に訊いた。 「で、お前はどうするんだ?…お前だってこれから帰るのは大変じゃないのか?」。 「うん、私も今日は泊まることにしたの。実は同じホテルを予約してあるんだ、へへ…」 妹はあっさりと軽い口調で言った。 なぜか私の心臓の鼓動は高まった。それを押し隠し、ちゃかすように言う。 「おいおい、まさか兄妹が同じ部屋ってことはないだろうな?」。 「あはは、まさかぁ!」 妹は言下に否定した。しかし、それは嘘であることがすぐに判明した。 しばらく走り、『空室有り』のネオン看板のかかったラブホテルを見つけると、妹は迷う様子もなく車をそこに滑り込ませた。 「お、おい、こっ…ここはマズイんじゃないか」 うろたえる私に妹は答えた。 「いいの、今ごろはどこのホテルも満室よ。こういうところしか泊れないわ」 そして半ば強引に私の腕を引っ張って車から降ろした。 そういう事情で、私たち兄妹はその夜を密室で過ごすことになったのだ。 (やはり実の兄に中出しされるのだけは嫌か…それなら仕方がない) 「わ、わかった。大丈夫だ…外に出すから」 「ちっ、違う…、お兄ちゃん、なっ、中に出していい。…中でいいの、中に欲しいの」 妹は欲情した顔で言うと、這うようにして自分の真っ白な尻を私に向けてきた。 「うっ、後ろから…、お願い…」 妹は顔だけをこちらに振り向け、濡れた瞳を妖しく光らせながら、私にそう訴えた。 (そうか、よし。そういうことなら…愛する妹よ、思うさまに凌辱してやる) 「真知…」 私は妹の豊かな尻を両手で掴み、撫で回した。そして、その愛撫の手を背中から前の方に回して乳房を揉みしだきながら、そそりたつ男根を妹の膣内に無造作に突き入れた。 「あっひぃぃぃ!」 妹は一度大きく反り返り、続いて顔をシーツに押しつけるようにしながら両手を投げ出し、尻だけを高く掲げてきた。 私はその尻を左右の手でわしづかみにし、凄まじいピストン運動を繰り返した。 ぱんぱん!…ぱんぱん!…ぱんぱんぱんぱん!…。尻に打ちつける音が部屋に響く。 「はぁはぁ…あぁ、あはぁ!…お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん!気持ちいい!気持ちいい…」 「真知、真知、…あぁ、真知子!真知子!真知子!」 私は妹の名を呼びながら夢中で腰を打ちつけ続けた。そして、ついに最後の瞬間を迎えた。 「う…出る!真知子!真知…うおっ!」 私の白濁した精液が妹の子宮の入り口めがけてしたたかに吐き出された。 「あわぁ、うわわぁっ…お兄ぃ、お兄ぃ、お兄ちゃん!いく!いく!いくうぅぅ」 真知子は尻を激しく揺さぶりながら、兄の精液を自分の性器の中に熱く受け入れる。ドクっ、ドクっ、ドクっ…私の猛り立つ男根は脈打つようにしながら、いつまでも精を放ち続けた。 激しい行為が終わり、そのままどちらからともなくふたりは深い眠りについた。 翌朝、眼が覚めると、ふたりはまたお互いに求め合い、濃厚なセックスをした。 その日以来、私と真知子は連絡を頻繁に取り合い、逢瀬を重ねるようになっている。実の兄妹であっても、もうふたりは離れることができないのだ。 まだその兆しはないようだが、いずれ妹は私の子どもを孕むことになるだろう。そうなれば、お互いの家庭に地獄を呼び込むことになることは必然である。私自身には、その甘美な運命に身をまかせる覚悟はある。そして、たぶん真知子にも…。

10302171 705565306194548 813227780323098953 n
Double asian
  • 9
  • 1
  • 6083
  • 2年以上前

キーワード

コメント

関連動画